top of page

カウアイ島の神聖な場所がセールに!


写真:The Garden Island 新聞の記事より拝借


皆さま、アロハ!

変わりなく健やかにお過ごしでしょうか。


早朝、うちの愛犬ちゃんが発作を起こしてちょっと慌てましたが、前にも何度かあったので1分後くらいには落ち着きました😲

そのあとしばらく、1時間くらいかな・・・愛犬ちゃん自身が辛かったみたいでグルグルグルグル🌀部屋の中を歩き回っていたので、その間ずっとどこかにぶつからないか見守っていてほとんど眠れませんでした😪


でも、その後普通に戻って、さっきも長いお散歩に行けたしごはんもおやつもしっかり食べているので、大丈夫だと思います。

わんちゃん飼っていらっしゃる方は経験あるかな、てんかんみたいな発作・・・びっくりしますよね。


さて、先日YouTubeにカウアイ島の港近くにある’Alekoko(アレココ)と呼ばれている、メネフネ養魚場の動画をあげました。


その動画はこちら↓


なんと、そのアレココが売りに出ました💰

価格は3億円だそうです。


この場所は、メネフネ(Menehune)という背の低い土木作業や建設作業が得意とされている民族によって、一晩で作られたと言われている養魚場です。

メネフネは小人とか、伝説の中に出てくる妖精と言われることも多いですが、実際はポリネシアの人たちがハワイ諸島に移ってくる前から、この土地に住んでいた先住民族とされています。(詳しくは動画を見てね😁✨)


外来種であるマングローブの木が覆い繁り本来の姿がなくなってしまっていたのを、ここ数年ボランティアの方々のちからで今の状態まで復活させたという場所なのですが、今回20年のリース契約が切れて販売することになったようです。


これがその新聞記事のウェブ版です。



んーカウアイ島の人たちにとっても、ハワイ全体で見てもとても貴重な文化的遺産である場所なので、売りに出されて大金持ちの方が買って、何か変化が起こったりしたらちょっと複雑な気持ちです・・・


でもあれかな?州やカウンティ(郡)が買って管理していくようになるのかな。

あるいは別の非営利団体が買うとか。。。いや3億円はちょっと難しいかなぁ。


といろいろ考えています。

歴史的・文化的価値のある場所が売られるということだけを見るとちょっとショッキングな話です。

でもきっと良い形で収まるのではないかな。

今後に注目してみたいと思います。


ちなみに、この場所は行ってみると本当に心が穏やかになる不思議な力を持っている場所です。

もし時間が許すなら、この場所に関わるボランティア作業にも今後ぜひ関わってみたいです。

前に、学校にいたころ一度1日マングローブを撤去する作業をしたことがあるのですが、えらい大変な作業でした😅

もちろん終わった後には爽快な気分になれたのですが・・・またやってみたいなぁ😃


皆さんも良い1日をお過ごしください。


Waena Works (ヴァエナ・ワークス)およびGardens(ガーデンズ)への投げ銭はこちらからしていただけます


********************************* カウアイ島のクラフト・ショップ Gardens(ガーデンズ) 手作りミニカードを無料でお届けしています! ぜひチェックしてみてくださいね✨ *********************************


最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page